FC2ブログ

2018-12

黒斑山と高峰温泉 - 2018.02.16 Fri

2018年2月12日(振替休日)   吹雪のち


建国記念日を含む三連休の序盤はB型インフルエンザでフラフラでしたが、この3連休前に、山友さんからオススメの宿として教えてもらった高峰温泉(標高2000mにあるランプの宿)に宿泊予約をしてたので、インフル明けの身体を引きずって、長野県小諸市と群馬県嬬恋村の県境にある車坂峠を訪れました

20180212 (1)

車坂峠の駐車場に着くと、外気温はなんと氷点下15度
標高2000mはダテではありまへんなぁ

20180212 (2)

この日は、ランプのお宿に宿泊する以外に、もう一つ目的がありました
10年ぶりに車坂峠まで来てるんだから、この峠から登ることが出来る浅間山の展望台、黒斑山(標高2404m)には登っとかねばならんでしょう

10年前はお花が咲き誇る夏山でしたが、今回は厳冬期の厳しい黒斑山です
では、厳冬期の黒斑山と高峰温泉を簡単にご紹介しま~す














まずは、たっぷりの積雪がある車坂峠登山口から、スノーシュートレッキングに最適とされる中コースを進みました

20180212 (3)











稜線に出るまでの間、ほぼ樹林帯ですが、写真のように所々開けた場所があります

20180212 (4)
眼下にはアサマ2000スキー場が見えました











順調に歩みを進め、1時間少々で稜線の分岐点まで来ました

20180212 (5)
この急登を登りきればトーミの頭











そして、車坂峠からおよそ1時間半、トーミの頭に到着~

いや~っ、10年前はガスってゼロ展望だったトーミの頭だったけど、今回は霞んではいるものの、前掛山の縞々模様をはっきり見る事が出来てメチャ感激です

20180212 (6)
まるで墨絵の様な絵面ですが、それにしても寒かった
稜線に出てからトーミの頭までの間、ず~っと横殴りの風が吹きつけるもんだから、メチャ寒くて鼻水が凍るかと思ったわ











トーミの頭は通過点

目指すピークは、直線距離で約400m先に見える、あの黒斑山の山頂だ~

20180212 (7)
トーミの頭から少し高度を上げると、先程まで吹きつけてた横殴りの強風がなくなり助かりました
強風が吹き続いてたら、足先も指先も鼻先もマジ凍ってたと思う











標高が上ったためか、ルート上の木々が真っ白な樹氷に覆われてメチャ綺麗

20180212 (8)











そして、車坂峠から約2時間











本日の最終目的地、黒斑山(標高2404m)の山頂に到着で~す

20180212 (9)
つい先程まで、雪が降り始めるかもしれないお天気だったのに、山頂に到着するや青空まで見え日差しも差し込み何ちゅうラッキーなことでしょうか

まさに日頃の行いの賜物か













こちらは再びトーミの頭まで戻った時の写真ですが、一段と青空が広がって展望も文句なし

20180212 (10)20180212 (11)
いや~っ、10年ぶりに思い切って来て見てマジ良かったわ











・・・・・・・・・・・・、で、車坂峠まで戻った後は











アサマ2000スキー場の駐車場から、人生初となる雪上車に乗って、標高2000mのランプの宿「高峰温泉」へ移動しました

20180212 (15)











このお宿、ご飯は美味しいしボリュームも食べきれない程で満腹満足だったことをはじめ、特筆すべきは、日本秘湯を守る会に登録されているコチラの露天風呂

20180212 (12)20180212 (13)
この時期、この露天風呂に入るにはかなりの勇気が要りますぜ
なんたって氷点下二桁の外気温に晒されるんだから、、、、、、分かるよね~

でも、ご飯は美味しいし温かいもてなし&清潔かつオシャレなお宿なんで、季節を変えて再訪したいと思いましたね


● COMMENT ●

羨ましいっす。

趣味が同じなら山を楽しんで、のんびりと温泉宿に泊ってゆっくりできる。
ほんまにエエですやん。
私なんて嫁に気兼ねして北海道さえ車中泊6連泊でしたもんね。

しかし、-15℃ですか?
さすがデリ号で御座います。
青プリでは遭難しそうです。

鳥さんへ

HappyBirthday、誠にオメデトウございます~e-398

ところで、今回の黒斑山では共通の趣味のおかげで久々にまったり秘湯の宿に泊まってくることができましたe-224
とっても居心地の良い温泉宿でしたので、時間とお金さえあればスグにでも再訪したいところですが、万年金欠状態の私らですので今後の山行は車中泊メインとなること間違いございませんe-350

氷点下15℃の極寒をものともせず、一昼夜を屋外に放置してもなお力強く動いたデリ号は素晴らしい車だと思いますが、なんちゅうても既に11年目に突入してますe-327
今年はデリカのフルモデルチェンジ情報がチラホラ出てますから、今後の新車情報は目を皿にして注目したいと思ってますe-317e-319

冬の寒い日の温泉なんて最高ですね!
羨ましい、贅沢過ぎますよ。

ー15度の寒さなんて想像もしたくないですが
インフルエンザの熱冷ましにはちょうど良さげで
一発で治った事と思います(笑)
今年は残雪が多いので、かなり楽しめそうですね。
ウハウハの連荘の山行を期待しています。
ただ、なんで青空になるかが今も疑問!?(^_^;

SIVAさんへ

冬の寒い日の温泉って言えば、と~っても良さげに聞こえるじゃないですかe-224
でもね~普通の寒さじゃなかったんッスよ、氷点下15℃ってe-350

服を脱いでお湯に浸かるまでも結構な勇気を必要としましたが、いざ温泉に入った後がさぁ大変で、寒すぎて湯から出る事が出来ないのでありますe-329
お湯に浸かってても一向に温まらないのには参ったしe-286
さらに、外気に晒された顔だけ異常に冷たい(痛いとも言う!)し、タオルはカチカチに凍るし、まつ毛に氷柱が垂れてくるしもぉ大変e-330
インフルエンザの熱冷まし湯治としては良かったかも知れませんが、何時までも湯に浸かってる訳にもいかず、湯船から出たあとがマジ極寒サバイバルでしたe-327

この週末はどちらも仕事で潰れているため、来週の週末に期待しているところですが、おそらく再び青空トレッキングになることでしょうe-348e-319
何で青空になるのかは私らにも理由が分かりませんが、まぁ普段の心掛けの賜物と言うことにしておきましょうね~e-257

高峰温泉!

いいな~冬の高峰温泉!
あの野天風呂は最高だよね~
でも氷点下15°って…(*_*)
想像できません(笑)
また行きたいなー

ASAKOさんへ

ASAKOさ~ん、オヒサです~e-257
ASAKOさん達も高峰温泉に行かれたんですね~e-224

あのお宿だったら何度でも再訪したいもんですねe-348

それにしても氷点下15℃での露天風呂は大げさに言えば命がけかもe-447
心臓の弱い方はご遠慮くださいって感じでしたが、とってもエエ思い出になったことは間違いありませんe-465

季節を変えて高峰温泉宴会ツアーに御一緒したいですね~e-349


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://nashimaru007.blog.fc2.com/tb.php/433-142b5ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

霊仙山柏原ルート(途中敗退) «  | BLOG TOP |  » インフルエンザ(^^ゞ

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (132)
ぎふ100山 (55)
100高山 (27)
旅行 (32)
未分類 (159)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

ご訪問ありがとうございます!

ご褒美も何も無いですがゆっくりしてってください(^^ゞ

月別アーカイブ