20180422 御池岳

2018-05

雛祭り西穂ラーメン紀行 - 2018.03.05 Mon

2018年3月3日 

雛祭り当日は、こんな素敵な景色が望める場所からのスタートとなりました

20180303 (@)

遠路お越しいただいた山友の鳥さんと待ち合わせて、新穂高ロープウェイを利用しての雪山トレッキングを楽しんでまいりましたので、当日の様子をご紹介しま~す














12月から3月末までの間、新穂高ロープウェイは鍋平高原の駐車場が使えないため、麓の新穂高温泉駅から第1ロープウェイに乗らねばなりません

20180303 (1)
駅に着いてビックリ仰天、日本語ではない言語を話す人達の長~い行列が出来ているではありませんか
そんな外国から来た観光客?に混ざって、ほぼ始発便に乗り込み、第2ロープウェに向けて出発します










第1ロープウェイを降りて第2ロープウェイに向かう徒歩区間も、周囲の景色が素晴らしくて気持ちが高揚しっぱなし

20180303 (2)
でも、立ち止まって写真撮影してるとロープウェイに乗り込む順番が遅れちゃうので、ココはサッサと通過するのがベターでしょう










第2ロープウェイの乗車時間は約7分間
終点の西穂高口駅に向けてハイスピードで進むので、見える景色がどんどん変わっていきます

20180303 (3)
我々は進行方向左側に立ち乗りしましたが、ガイドさんから、「向かって右側に見える山は○○です」って解説があっても、満員御礼のロープウェイ内じゃ反対側の景色を見ることは無理やねぇ










でもね、進行方向左側の方が、自分的には好きな景色なんだよね

20180303 (4)
その好きな景色の代表格がこの西穂高かな










・・・・・・・・・・・、約7分間の第2ロープウェイの旅を終え











ロープウェイを降りれば、そこは標高2156mの展望地です
観光客の皆さんであれば、ほぼ100%の確率で訪れているであろう西穂高口駅の展望台に出てみました

20180303 (5)
真っ白に冠雪した北アルプスの高峰を間近に見れるこの展望台からの景色は、観光客は勿論のこと我々のようなトレッカーにとってもワクワクもんですな、ガハハ





それにしても、なんちゅうエエ天気だこと

20180303 (6)

つい先ほど乗ってきた二階建てロープウェイを見送り、いざ、西穂独標を目指しましょうか











西穂高口駅から一歩外に出れば、そこは雪で作った巨大迷路か

20180303 (7)






少し進むと巨大迷路の雪壁が無くなり、かわって樹林帯を縫うように先行者のトレースが続いてます

20180303 (8)
所々、木々の間から格好の良い西穂高の尖りピークが顔を出し、そんな場所では思わず立ち止まり撮影タイムとなるばかり~











樹林帯で周囲の景色が見えなくても、ピーカンの青空の中を歩いてるだけで、みんな自然と笑顔になるんだよね

20180303 (01)
風も殆ど吹かず、燦々と降り注ぐ太陽の光を浴びながら歩いてると暑いくらいで、とてもこの場所が標高2000m以上の場所だと思えないほど穏やかでありがたかった











オッ、樹間からロープウェイの展望台が見えました

20180303 (02)











ロープウェイ駅を出てから約1時間、樹林帯が途切れた場所に出ると、西の方にひと際真っ白な白山(標高2702m)が、その綺麗な全容を見せてくれました

20180303 (9)
手前の雪面の紋様、、、、、分かります











白山が見えたのとほぼ同時に、標高2367mにある通年営業の山小屋「西穂山荘」に付きました

20180303 (10)

山荘の前には名物の巨大雪ダルマ

20180303 (11)
さて、フルーツいただいて小休止したら、独標目指してGoだぞ~











当面の目標は西穂独標だけど、めちゃエエ天気の週末だし人も多いし、とりあえず行けるところまで行って、展望を満喫できればそれで十分かもってな事を話しながら進む我々でした

20180303 (12)
鳥さん越しの霞沢岳(標高2646m)が格好エエですなぁ
アッ、もちろん山男の鳥さんも格好エエですぜ











目指す西穂独標(標高2701m)が見えてきたぞ~

20180303 (13)
この冬は各地で凄まじい豪雪でしたが、ココの稜線上は強い西風が吹き付けて雪を吹き飛ばすため、積雪量が多くならないんでしょうね











これ、何だか分かります

20180303 (14)
答えは、足跡の部分が凍って固まり、その周囲の雪が強風で吹き飛ばされたために、凍った足跡が宙に浮いたような状態になってるのです











さて、西穂丸山(標高2452m)まで来ました

20180303 (15)
稜線上の風が強く吹き付けるようになりましたが、まだまだこんな風は序の口のはず
それにしても、奥に見えてる真っ白な笠ヶ岳(標高2897m)から抜戸岳(標高2813m)、さらに北に続く山並みがメチャメチャ綺麗です
こんなに綺麗な景色が見れる冬(春?)の山は、やっぱり止められまへんなぁ









アリャリャ
ふと気が付けば、副隊長が遅れだしてるやん

20180303 (16)
最近の副隊長、めきめきと体重増加しているため全くペースが上がらなかったのでした
副隊長から、「ペース上らんで鳥さんと二人で独標まで行ってこやあ!」とのお言葉が
ほな、無理せずボチボチ登ってこやあと伝えて、オイラと鳥さん2人で先を目指すことにしました










副隊長に先行したものの、オイラも尻筋が悲鳴をあげ始めてペースが上がらず、鳥さんには申し訳ないばかりです

20180303 (17)
でも、着実に西穂独標に近づきつつありました










そして、いよいよ独標が目前に、、、、、、でも、山頂混んでるなぁ

20180303 (18)
下にいる副隊長の姿は見えないし、、、、、
もし独標まで登ったなら、戻ってくるのに1時間くらい掛かるかなぁ
雛祭りの当日に副隊長を置き去りにしてココまで来たことも気が引けるしなぁ







鳥さんと相談して、じゃあ、本日はココを山頂として、さっさと山荘まで戻って西穂ラーメン食べながらまったりしましょうって事にしました

20180303 (03)
雪の西穂独標は、またの機会までお預けね~



さて、そうと決まればサッサと降りましょかね~

20180303 (04)











・・・・・で、3人揃って西穂山荘に到着











さすがに通年営業の西穂山荘
雛祭りの当日なので、山荘の食堂にもお雛様が飾ってありました

20180303 (20)

そして、定番の西穂ラーメン(一人前900円なり)をいっただっきま~す

20180303 (21)
雛祭り特典で、甘酒と雛アラレのサービスもありました





いや~っ、ホント楽しかったなぁ
ピークハントこそしませんでしたが、快晴の中を3人で存分に楽しむことが出来ました~






















~PS~


下山後、いつもお世話になってる中尾温泉のペンションヨーデルに泊まって、飛騨牛シャブシャブ突きながらビールで乾杯
ディナー後も、ヨーデルの皆さんと一緒に楽しくワハハガハハと夜更かしさせてもらいました~
20180303 (22)

翌朝は焼岳を望みながら大露天風呂でま~ったり
20180303 (24)
2日間、どっぷり奥飛騨に浸かったんで日常に戻りたくなくなったわ

● COMMENT ●

素晴らしい

梨丸さん
ブログUPのスピードも速いが、山の展望が素晴らしい。
実に楽しい2日間でした。
モグモグタイムの苺にグレープフルーツ、大変美味しゅう御座いました。
昨秋の花火大会に、ひな祭りの甘酒と季節限定のお楽しみ催しに遭遇しますね。

今回も思い出深い山となりました。

いやぁ~ これは素晴らしい展望ですね!
山でこんな景色が見られるなんて初めて知りました。
本領発揮ですね。
こんな景色の中なら、山頂?なんてどうでもよくなりますよね。
ラーメンが呼んでいたわけではないでしょうし?(笑)

それから温泉に飛騨牛のシャブシャブですか?
上も下もリッチ過ぎます(^_^;

鳥さんへ

いやはや、火曜日からの怒涛のような仕事ラッシュで返事も出来ず申し訳ありませんでしたが、とりあえず早くアップしといて良かったですe-465

今回は本当に素晴らしい展望に恵まれた山旅でしたe-342
お泊り宴会もヨーデルのスタッフを交えて楽しく過ごすことが出来、マジ楽しい2日間でしたe-420

アハハ、昨秋の麦草前夜祭の花火大会と併せて、今回のひな祭りラーメン紀行は正に季節限定企画となりましたねe-349
きっと我々の中の誰かがイベントに恵まれる強運を持ち合わせているのでしょうe-319

今後もチャンスを見付けてご一緒にレッツエンジョイトレッキングに参りましょうe-287

SIVAさんへ

今回の西穂独標手前までトレッキングはマジ展望に恵まれましたe-349
山旅でこんなに素敵な景色を見てしまうと山歩きが止められませんe-257
誰の本領なのかは分かりませんが、とりあえず梨丸隊の青空遭遇率がさらに上昇したことは間違いありませんe-44
この時期の独標に登ってみたかったんですが、SIVAさんご指摘のとおり、山荘のラーメンが私達を呼んでたので、仕方なくピーク直前でUターンと相成りました・・・・・ナンチャッテe-330

奥飛騨温泉郷中尾温泉のペンションヨーデルはオススメですよe-224
焼岳が目の前に見える露天風呂で大の字になって入浴してもなお余る余裕の大浴場は一回浸かると病みつきになりますよe-224
そして、ヨーデルのスタッフさん達がどなたもエエ人ばかりなんですe-348
本当に暖かいもてなしでメチャメチャ居心地が良いから日常に戻りたくなくなりますe-330


上も下もリッチ過ぎます(^_^;
いえいえ、上も下も結構リーズナブルなんですよ~e-284

大快晴でしたね^^

この日は、私の所属してる山岳会のメンバーも
3日~4日と西穂高岳に登りに行ってたので
メンバーが写真に写ってないか、思わず探してしまいました(笑)
大快晴で、素晴らしい景色が見れて良かったですね~!羨ましい~♪♪
それにしても、足跡の写真も面白いですね!
絶景の後に、ラーメン・シャブシャブ・温泉って最高じゃないですか~♡

ayaちゃんへ

あの大快晴に恵まれた西穂高トレッキングから早くも2週間近くが過ぎ、季節はすっかり春本番となりましたねe-53
お返事も遅くなりゴメンなさいねぇe-466
この時期は別れと出合いの交錯する実にバタバタした時期で、今年は正にその繁忙の渦中に巻き込まれ中のオイラですe-330

話を元に戻しますが、3日~4日の入山者数は天気に恵まれた事もあってかなりの数に上ったものと思いますe-451
ayaちゃんの山岳会の方々が昇り旗でも掲げてくれてたらスグに分かったことと思いますが、そんな馬鹿なコトする人いないですもんねぇe-348
ayaちゃんもよくご存じのとおり、山仲間との山旅ってマジ楽しいし、今回の様な絶景&山小屋ラーメン&飛騨牛シャブシャブ&温泉のフルコースは、まさに最高の二文字に尽きると言っても過言じゃないですし病み付きになりますわe-193e-224e-342


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://nashimaru007.blog.fc2.com/tb.php/437-9a7959a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

能登猿山の雪割草 «  | BLOG TOP |  » 霊仙山柏原ルート(途中敗退)

プロフィール

梨丸&かみちゃん

Author:梨丸&かみちゃん
山歩き大好き『梨丸隊』をどうぞご贔屓に・・・鈍足ですが!

最新記事

最新コメント

カテゴリ

山登り (128)
ぎふ100山 (52)
100高山 (27)
旅行 (32)
未分類 (156)

リンク

検索フォーム

74◎カウンター

ご訪問ありがとうございます!

ご褒美も何も無いですがゆっくりしてってください(^^ゞ

月別アーカイブ